生薬を飲む

丹羽SODについて

 

投稿日:

意外なものが生薬?薬剤師からみた丹羽SODの成分を解説!

健康について悩まれたことはございませんか?

私たちが生きていくのに必ず必要なものに酸素があります。酸素は呼吸によって体内に取り込まれますが、一部が通常より活性化された「活性酸素」です。この活性酸素は、適切な範囲の量であれば体内に侵入した病原体を倒すことで免疫機構や感染防御など重要な役割を果たします。しかし、強いストレスや紫外線、大気汚染、タバコ、解熱剤、鎮痛剤、抗炎症剤等の医薬品、抗がん剤、レントゲン、パソコン、スマートフォン、家電製品、ダイオキシン、食品添加物、カルキ、農薬、過度な飲酒、激しいスポーツなどによって活性酸素が過剰に体内でつくられると細胞が傷つけられます。細胞の傷が蓄積することで老化や様々な体の不調の原因となることがあります。
丹羽SODは、活性酸素を取り除くことが知られているスーパーオキシド・ディスムターゼに着目した健康食品で抗酸化作用を期待した成分を含んでいます。今回は丹羽SODに含まれている成分について解説します。

スーパーオキシド・ディスムターゼとは

丹羽SODの名称にも含まれているスーパーオキシド・ディスムターゼは、もともと体内に存在している活性酸素を除去する作用を持った酵素です。活性酸素は先ほども述べたとおり、過剰に体内で産生されると細胞が障害されてしまうため、活性酸素を適正量に保つための働きを持っています。活性酸素を一定量に保つための働きは「抗酸化能力」とも呼ばれていて、美容分野などでもよく耳にすることでしょう。スーパーオキシド・ディスムターゼは、活性酸素を分解して抗酸化作用を示すので活性酸素によって傷ついた細胞の再生を助けることにもなります。British Journal of Pharmacology(イギリス薬理学雑誌)に掲載された研究によるとスーパーオキシド・ディスムターゼは抗炎症作用を示したとの記載もあり、治療薬への応用の研究も議論されています。

スーパーオキシド・ディスムターゼは体外から補充できない

酵素は、体内で様々な反応を起こす助けをする触媒のような働きをするタンパク質です。酵素が触媒的な働きをするためには温度や濃度、酸性度など特定の条件下であることが必要であることがほとんどです。スーパーオキシド・ディスムターゼも酵素の一種であるため口から入れても体内で働かず、胃酸によって溶かされてしまうため吸収されることもなく体内で抗酸化作用を示すことができません。
そのため、活性酸素の抑制には体内に吸収される抗酸化能力を持った物質を補充することが重要です。抗酸化能力を持った栄養素としてビタミンCやビタミンE、カテキン類、カロテノイド類などが知られています。

丹羽SODに配合されている成分

活性酸素に打ち勝つために抗酸化能力を活性化させる必要があります。抗酸化能力を有している栄養素としてビタミンC、ビタミンE、カロテノイド類、カテキン類などが存在しています。丹羽SODでは抗酸化物資が豊富な小麦、大豆、米糠、ハト麦、小麦胚芽、ごま油、ゆず果汁、ごま、抹茶、杜仲茶、麹などの天然素材を独自製法によってつくられています。こちらでは、配合されている素材について解説します。

小麦

小麦

小麦は、食品としてだけではなく生薬としても利用される生活には欠かせない食品です。生薬としては小麦(しょうばく)と呼ばれ、小児の夜泣きやノイローゼ、ヒステリーなどの精神的な症状の改善を目的として甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)という漢方薬にも配合されています。

大豆

丹羽SOD素材の大豆

大豆は、納豆や豆腐、醤油など様々な食品の材料に使われますが、生薬としても利用されてきました。香鼓は、大豆の種子を蒸して発酵加工したもので健胃作用、解熱作用や不眠などの効果を期待されて瓜蒂散(かていさん)、梔子豉湯(しししとう)と呼ばれる漢方薬にも使用されています。

米糠

米ぬか

お米を精米するときにできるヌカも配合されているため、ビタミンやミネラルなど体に必要な栄養素を含んでいます。

ハト麦

はと麦

ハトムギは、ヨクイニンというイボの治りをよくしたり、肌をきれいにする作用を持っている漢方の材料でもあります。古代中国の医学書「神農本草経」で上薬という身体を快調にして、病気になりにくくする薬に分類されています。現代の医療ではイボの治療薬として使われてますが、国内での研究では免疫を活性化させる可能性も示されています。金沢大学大学院の研究でもハトムギの有用物質は50種類以上にあり、抗酸化、抗アレルギー作用など有用な作用の報告があるとされています。

小麦胚芽

小麦と小麦粉

胚芽は、麦の種子の成長して芽となる部位です。胚芽には、食物繊維やミネラルなどの不足しがちな栄養素を含んでいるだけでなく抗酸化作用を持っているビタミンEを含んでいることが知られています。

ゴマ

ごま

ゴマは食材としてもよく使われる身近なものですが、日本薬局方という医薬品や生薬の企画基準書にも記載されている生薬でもあります。生薬としてのゴマは滋養強壮、解毒、虚弱体質改善作用が期待されて使用されています。漢方としては消風散に配合され、ジュクジュクするような皮膚疾患や蕁麻疹に使われています。その他には、ゴマ油として紫雲膏などにも配合されています。

杜仲

杜仲茶

杜仲は、高さが20メートルにもなる落葉樹で樹皮を乾燥したものが漢方にも使用される生薬です。血圧降下、抗ストレス、利尿、糖代謝の改善、虚弱体質改善を期待されて杜仲丸、十補丸、大防風湯、千金保孕丸などの漢方の材料として使われています。

抹茶

抹茶

抹茶には、抗酸化作用があるカテキン類やビタミンC、カロテンなど抗酸化物質を多く含んでいるため活性酸素を減らすことが期待されます。また、チャヨウという生薬としても使用され、川芎茶調散などの漢方にも配合されています。このように抹茶は、古くから中国や日本では薬として利用されていた歴史をもっています。

ゆず果汁

ゆず

柚子は生薬としても利用され、ヘスペリジン、ピネン、シトラールなどの精油成分が含まれています。精油成分には、胃の調子を整える作用があるといわれ、特徴的な爽やかで優しい香りはリラックス効果も期待され、冬至の日にゆず湯に入る風習が古くからあります。また、抗酸化作用を有しているビタミンCも多く含まれ、含有量は柑橘類の中でもトップクラスに多いといわれています。

麹

麹も漢方に使われる原材料の一つで生薬としての名前は神麹(しんきく)と呼ばれています。
漢方では食欲不振、消化不良、下痢などの効能を期待されて配合されています。また、麹には胃腸症状を改善だけでなく、多くのビタミン類を含んでいることがしられています。
化食養脾湯(かしょくようひとう)、加味平胃散(かみへいいさん)、半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)と呼ばれる漢方に神麹が配合されています。

丹羽SODをおすすめできない方がいる

小麦、大豆、米糠、ハト麦、小麦胚芽、ごま油、ゆず果汁、ごま、抹茶、杜仲茶、麹などの天然素材から製造され、合成着色料や合成保存料を使用していない丹羽SODは安全性の高い健康食品といえます。しかし、健康食品として丹羽SODをおすすめできない方も存在しています。
小麦、大豆やゴマなどの食物を材料として使用していることから食物アレルギーを持っている方は使用しない方がいいでしょう。特に大豆やゴマは、アレルギー物質を含む食品表示を関しても厚生労働省によって表示を推奨する特定原材料の19品目にはいっており、小麦は法令で規定される特定原材料の一つでもあるので注意が必要です。
しかし、アレルギー体質の方のために大豆を含んでいないNew SODという商品もあるので材料の表示を確認するといいでしょう。

まとめ

丹羽SODには、老化や身体の様々な不調の原因にもなる過剰な活性酸素を除去する抗酸化能力を持った物質に着目し、小麦、大豆、米糠、ハト麦、小麦胚芽、ごま油、ゆず果汁、ごま、抹茶、杜仲茶、麹などの天然素材を独自製法で製造されていることから安全性が高い健康食品といえます。配合されている天然素材も漢方に使用されている生薬や有用な栄養素を含んだものが使用されています。
安全性の高い素材を使用して抗酸化物質としてしられるビタミンC、ビタミンE、カロテノイド類、カテキン類を含んでいるので、健康食品を試してみたいと考えている方にはおすすめです。
しかし、小麦やゴマなどが使われているため食物アレルギーのある方は使われない方がいいでしょう。また、他に医薬品やサプリメント、健康食品を使われている方は医師、薬剤師に相談してください。

参考文献

丹羽SOD
https://item.rakuten.co.jp/royal358/c/0000000113/

活性酸素と酸化ストレス,e-ヘルスネット,厚生労働省
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-04-003.html

Extracellular superoxide dismutase,PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16087389/

On the selectivity of superoxide dismutase mimetics and its importance in pharmacological studies,PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/14522841/

酵素,東京薬科大学
https://www.toyaku.ac.jp/lifescience/departments/applife/keyword/word-019.html

杜仲,タケダ健康サイト
https://takeda-kenko.jp/kenkolife/encyclopedia/illustrated/tochuu.html

川芎茶調散(せんきゅうちゃちょうさん), 伝統医薬データベース
https://dentomed.toyama-wakan.net/ja/漢方方剤/川芎茶調散/SCP000155?w=1

胚芽米とは,21胚芽精米推進協議会
http://haigaseimai.com/haigaseimai.html

香豉(こうし),伝統医薬データベース
https://dentomed.toyama-wakan.net/ja/生薬学術情報/香豉/SCC000168

殻付ハトムギ熱水抽出物(CRD)の研究開発、鈴木信孝、金沢大学大学院医薬保険学総合研究科
http://www.jcam-net.jp/data/pdf/17018.pdf

ゴマ,武田薬品工業株式会社,京都薬用植物園
https://www.takeda.co.jp/kyoto/area/plantno207.html

ユズ,武田薬品工業株式会社,京都薬用植物園
https://www.takeda.co.jp/kyoto/area/plantno154.html

食物アレルギー,厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/dl/jouhou01-08.pdf

神麹(しんきく),伝統医薬データベース
https://dentomed.toyama-wakan.net/ja/生薬学術情報/神麹/SCC000140

小麦(しょうばく),伝統医薬データベース
https://dentomed.toyama-wakan.net/ja/生薬学術情報/小麦/SCC000139

ごま優等生食品である胡麻の魅力とは前のページ

秋の味覚の代表格の「さつまいも」は栄養満点!次のページさつまいも

ピックアップ記事

  1. 丹羽SODの成分について

関連記事

  1. ごま

    丹羽SODについて

    優等生食品である胡麻の魅力とは

    昔から体によいと言われて多くの人に親しまれてきた食材のひとつに胡麻があ…

  2. はと麦

    丹羽SODについて

    実はあの漢方薬!?はと麦の栄養や効能

    はと麦という食物の名前を聞いたことがあるでしょうか。健康茶の原料と…

  3. 丹羽SODの粉末

    丹羽SODについて

    丹羽SODの本物と偽物について

    丹羽SODの本物と偽物について、見分け方をご紹介しています。お…

  4. 丹羽SOD素材の大豆

    丹羽SODについて

    古くから日本人に親しまれてきた【大豆】のスーパーパワー

    日本人の食卓には古くから、豆腐、味噌、納豆などの大豆製品が数多く並んで…

  5. 丹羽SODNiwana(ニワナ)

    丹羽SODについて

    丹羽SODの成分について

    SODとはスーパーオキサイド・ディスムターゼの頭文字です。wiki…

  6. 小麦

    丹羽SODについて

    人類最古の作物【小麦】の成分と【小麦胚芽】のパワー

    小麦と言えば、パンや麺、お菓子やケーキなど様々な食品の原料となる食材で…

最近の記事

  1. 50代女性
  2. ぽっこりお腹
  3. さつまいも
  4. 生薬を飲む
  5. ごま
PAGE TOP